Home > 製品情報 > フラットパネルディスプレイ

フラットパネルディスプレイ関連

セルテスタ PIXQUIRE

(MJC)

点欠陥、線欠陥、ムラ等、多様な測定に対する高度な検出機能を備えた液晶パネル点灯自動検査装置です。弊社セルプローバと接続することで検査の自動化を実現します。従来の目視検査との併用も可能。

TP Probe Unit (TMC)

TPには4種類あります。業界では、測定方法の違いで電阻式と電容式の2種類が有ります。タッチパネル検査用のプローブユニットです 。

電阻式を例にし、2層の導電層の接触によって、導電回路が生成し、接触位置を計算することができます。

主な測定項目はパネルの電阻値とショートテストです。

現在、測定出来る治具の精度はパッドサイズが120um x500um、ピッチ300 umです。

S/B Probe Unit (TMC)

予め測定物(パネル)のピクセルをN個ブロックに分け、そのシグナルを測定物上のパッドと直列接続します。

S/Bは測定物上のパッドをコンタクトし、RGB、黒、白、灰6種類のイメージ画面を測定します。

現在、測定出来る治具の精度はパッドサイズが0.3mm、ピッチ0.5mmです。

 

SFB/UFB

ブレード型プローブを用いたプローブユニットです。
ゴミ・異物に強く、1ピンごとの交換が可能になっています。

 

1.2.